投資家KAJI の トレード戦略ブログ

KAJI(カジ):元教育職20年・投資・民泊・賃貸業・太陽光事業等を実施中。常に悪戦苦闘!このブログはトライ&エラーで、精進していくための記録用です。

余談編:リスクを避けようとすると更なるリスクを負う??行動心理学

さて、ノーベル経済学賞を取得した、ダニエルカーネマン著「ファスト&スロー」から考えてみたいと思います。

彼は、投資家の界隈ではとても有名な「プロスペクト理論」を打ち出した人です。

 

例えば、100万円を投資に使い、それが90万円になったと想像してみてください。普通、リスクを回避をしようとすると、10万円の損失を確定する行動をとります。。。

→10%も元本をけずったのですから、論理的な判断です。。。

 

しかし、実際は、10万円の損失を回避するために、更なるリスクが高い方法をとってしまいます。リスクを回避するために、さらにリスクをとる。。(もしかしたら損失がプラスになるかもしれない!!)

そうです。下がった所で更に買い増しをしてしまう行動です。。より大きなポジションをリスクにさらしてしまいます。

→この行動は多分私含め皆が経験あると思いますが、あったものを無くすのは何かを得るよりも、さらに心の感情が揺れてしまうのです。

ちなみに自己破産する人や会社の特徴は、収入・利益が減ったのに、今までのものを手放すことが出来ずに、現状の状態を続けようとして起こることが大半です。。。一旦手に入れたものを手放すのは、得る喜びよりも大きな心の感情が揺れ動くからです

 

無常にも相場には、一旦進んだものは、さらに突き進む傾向があります。逃げ遅れた人の悲鳴を糧にして更に上昇してしまいます。

※今のポンドのようです。

 

ここが投資で「蟻の一穴、天下の破れ」と言われるように、少しのミスが大きな大きな失敗に繋がる心理です。。

偉そうに書きましたが、この心理で何度も失敗しているから、よく理解できます。(^^;わかっているなら、今後ないようーー、、精進していきます。。。。