投資家KAJI の トレード戦略ブログ

KAJI(カジ):元教育職20年・投資・民泊・賃貸業・太陽光事業等を実施中。常に悪戦苦闘!このブログはトライ&エラーで、精進していくための記録用です。

余談編:ビジネスとリスクリワード

さて、昨日、ネットビジネスをしている友人とリスクリワードについて話していると、ネットビジネスも投資も一緒だなーと感じました。

 

友人は、とある商品を1で仕入れ、それを2で販売する。その商品については、2以下にリワードを下げないとのことです。2以下にすると、ビジネスモデルが崩れるので、依頼があっても下げないと言っていました。また、1.2や1.5ではなく、2で売るためには、戦略や知識がいると思います。

 

そういえば、飲食店のハウツー本にも、収益モデルについて細かく書いていますね。仕入れに、人件費、光熱費、家賃等を足して、店がランチで何回転すれば、収益がプラスになる、というあれですね。収益率を低くして、回転を高めるか、収益率を高くして、良いものを高く売るのか、戦略が必要です。

確か、飲食は開店3年以内に7割が閉店するとか。結局、独立して成功するには、どんな世界でも似たようなリスクを負っていかないとダメなんですね。

 

トレードに置き換えますと、リスクリワードを下げ出すと、トータルで資金を増やしていくのが非常に難しくなります。リスクリワード1:2で勝率を高めようとすると、戦略や知識がいるのは試してみたことがある方は、ご存知かと。。

投資はギャンブルではないのが、ここですよね。一定のリスクに対してリワードを取って、トータルで考えていくものだからです。

 

ちなみに、パチンコや競艇・競馬は、すべてギャンブルです。期待値が0以下です。0以下ということは、やればやるだけ損してしまうものでございます。0以下に設定しないと、胴元が損してしまいますものね。

ちなみに期待値の低い方から順に
・宝くじ
・競馬・競輪・オートレース

・パチンコ

・カジノ

宝くじを100万円分買っても、当たりは46万円です。

パチンコは80万円

やればやるほど、損失が膨らむゲームですね。

 

※カジノのカードゲームは、期待値がプラスになることもあるそうです。カードゲームのプロゲーマーがいるのはなるほどなんですね。

※期待値については前回のブログをご覧ください。

余談編:期待値とは??手法を少し手直し - 釣り好き投資家「キャプテン」反省ブログ