投資家KAJI の トレード戦略ブログ

KAJI(カジ):2020年よりほぼ専業{株式・FX・CFD・オプション}、その他{民泊事業・賃貸業・太陽光事業)を実施中。常に悪戦苦闘!このブログはトライ&エラーで、己を精進していくための記録用です。

新年上半期の戦略

さて、2022年、今年もどうぞよろしくお願い致します。

年末年始、遠方の親戚に会えたし、ワイン飲んで、おせちたべて、充電完璧です。。。

40代半ば、親戚も新規開業で独立していたりと奮闘しており、元気をもらいました。こちらも頑張らないと、、

 

上半期の戦略:

基本、株式や不動産に対してネガティブですが、あまり先入観を持つと、流れに乗るのが遅れるので、もし流れが出たらついていくといった感じでいきます。

あくまで、現時点での戦略なので、力強い動きを見せたら、ドテンをしますが。。

日本株

日経は、上がれば上からショートで入っていく予定です。31000円を超えてくる動きになると、本格的な上昇になるかなと思っていますが。。あまりレンジでずるずるいくようであれば、上を目指すことを考えられます。

 

個別株

個別株をショートから入るのは、迷う所ですが、不動産セクターなんか、少し売りたい感じです。

↓不動産セクターの日足チャート

f:id:captain24:20220102010717p:plain


アメリカの不動産のREIT関係がまだ下がってきませんが、日本ではすでに少し崩れてきている印象です。都市部のマンション価格が高騰しており、このスタグフレーションの流れがどうなるのか?

 

 

仮想通貨

特にビットコイン出来高に注目しています。明らかに2020年の出来高と今を比較して減少しています。もし出来高が増えて上昇を開始すると、一気にリスクオン、そうでなければ、基本下目線です。こちらは、株式市場や為替市場の参考程度にみる程度にする予定です。。

 

最後に

年始なので、夢のあることを書きたいですが、地政学的に台湾のリスク、ウクライナのリスク、経済はスタグフレーションに伴う量的緩和のカンフル剤終了のリスクと、どうしてもポジティブに市場を捉えることができません

日本で預金封鎖があったのは1946年、1990年にはブラジル、2001年にはアルゼンチン、今後いつ何が起こるかわからいので、用心するのに越したことはないと思っています。。。とりあえずは、米国の利上げによる、トルコをはじめ新興国の通貨安の流れがどうなるのか?

 

さて、今年も相場や周囲に感謝をしつつ、精進していきます。

皆様、互いに今年も良い年になりますように。