投資家 KAJI のディトレード戦略ブログ

投資家KAJI(カジ):FX、CFD、株式、オプション、不動産賃貸業、太陽光発電等、様々しています。。確率と統計でこつこつと積み重ねていきたい!トレード大好き人間です。釣りと、ボート、海をこよなく愛す。このブログは日々の戦略を振り返り、自身を改善しながら、己を精進するための記録です。

余談編:手法の迷走中!

一つの型から、いくつかの型を複合して取り入れようと3月半ばから、かなり変更してきました。迷いに迷い、頭の中が色々な考えでごちゃごちゃでした。。。

インジケーター、順張り手法、逆張り押し目、高値越え、サポレジ、、、、、

何から手をつけようか。。。

 

様々な型(手法)を知ることは、それは結構勉強になります。
「そうか!逆張り派はここらへんで仕掛けてきそう」

押し目派はここらへん?」

ブレイクアウトは、ここらへん?」

といった具合です。

しかし、型が増えると、ある意味エントリーがどこでもできます。

一層精査する試練が待ち構えています。

 

複数の型をどのように自分流にマッチさせたら良いのだろうか。。

押し目買いは確かにリスクリワードよくなりますが、レンジではズタボロになるだろうし、高値越え(ブレイク)は、押し目より損失深くなりますが、騙しに合う確率は低いかな、とも感じます。

そして、どこで逆張りの型を使うか、どこで順張りの戦略を立てるか、この時と場合がかなり重要かなーと思っています。

 

順張りでは、どうしても連続で負ける箇所がある、それはトレンドレスです。

逆張りでも同様にやられる箇所、それは、トレンドです。

 

そして、本日、少し光が見えてきました。

それは、いわゆる騙しといわれるディトレーダーを狩る大口の動きがそこそこの頻度で出現します。この騙しがあった時のみ、エントリーする!です。個人トレーダーを狩る動きがあった時のみトレードする。。。

 

押し目買いのトレーダーが損切する箇所、

ブレイクアウト手法のトレーダーが損切する箇所、

ここに焦点を当てる。

これは、明るい光が見えました。

どういった騙しがあるのか、、まだまだチャート分析は続きます。。。

幸い、チャートをみる時間はいくらでもあります。

なんとしても、上位一割未満の勝ち組トレーダーにならなければ!!!!