投資家KAJI の トレード戦略ブログ

KAJI(カジ):2020年よりほぼ専業{株式・FX・CFD・オプション}、その他{民泊事業・賃貸業・太陽光事業)を実施中。常に悪戦苦闘!このブログはトライ&エラーで、己を精進していくための記録用です。

余談編:ダブルトップ・ダブルボトムの攻め方!

さて、最近、ダブルトップ・ボトムの攻め方を考察しています。。

色々な条件が揃った時には、とても良いリスクリワードがでます。

 自分の振り返り用にまとめてみます。。

 

一番気を付けたいのは、ダブルトップを付けるか、トレンドが伸びるか、要は短期足に対して逆張りになります

重要なことは、損切を15pipsくらいにしないといけません。逆にいうと、リスクが15pipsくらいで美味しいポジションを作成することができる可能性があります。。

なぜ15pips?は、これを超えると、ダブルトップの形が崩れてしまうからです。

上手くいけばリスク1、リワード3くらいは狙えます。。

 

条件は以下です。

■インジがダイバージェンスをしている。

これはとても大切です。インジは正直なんでも良いです。

■形成している形の大小

⓵時間をかけないで、小さなダブルトップ・ボトムを形成していたら、エントリーは、以前の高値と同値の天井です。

②時間をかけて、大きめを形成していたら、エントリーは、天井をつけて下がってきて、且つインジが下げだした瞬間です。

エントリー箇所は、小さめの時は、下がるのを待っていればリワード悪くなり、大きめの時は、上下の幅が大きいので、もう少しタイミングみた方が良いからです。

 

■上下に押し目がある

短期足の順張り方向の位置にそこそこ重要な押し目がある。要するに、レジスタンスになりやすいものが存在すること。

■力強いローソク足がないこと

直前に力強いローソク足があると、正直、ブレーキが効かず、一直線にいく可能性が高いからです。直前の波動の強さを見てみる。

 

この4つの条件が存在する時は、トレンドが一旦終わり、ダブルトップ・ボトムになる可能性が高いです。

 

★一番大事なことは、損切をなるべく小さく入れておくことです。逆張りの戦略なので、抜けると、大きく損失被るからです。。。

 

 これは、度胸のいる戦略です。上昇している相場をショート、下降している相場をロングするわけですから。。

 

 面白いチャートあれば記録用に掲載しますーー。