投資家KAJI の トレード戦略ブログ

KAJI(カジ):2020年よりほぼ専業{株式・FX・CFD・オプション}、その他{民泊事業・賃貸業・太陽光事業)を実施中。常に悪戦苦闘!このブログはトライ&エラーで、己を精進していくための記録用です。

振り返り:勝率を上げるために何をどうする???

今週は、今後に活かす反省が多い週となりました。

まず、リスクはポジション数とロスカット幅の設定で、かなり限定できるようになりました。

これは、進歩したと感じます。😅あと、一つ決めた型の手法で的確にエントリーできるようにもなりましたが、、、。

 

負けにくくなったことを実感しますが、、

かといって、勝ててない!!のです

勝って、負けて、負けて、勝って、、行ったり来たりです

正直勝率5割くらい、勝率上げていかないと、これでは増えません。。

 

そう!、手法と裁量部分の課題の問題が残ります。エントリーすべきでない場面をもう少し詳しく調べていかないと。勝率あげるための3種類のフィルターを考えています。

 

通貨を絞る。勝率の悪い通貨ペアを避ける。例えば、2018年、2019年とポンドの勝率がとてもよかったが、2020年非常に悪い。逆にユーロは良い。2020年の過去検証で、勝率6割以下の通貨ペアにはそもそもエントリーしないのが1つ目の案です。とてもシンプルです。

勝率6割以下のペア

ドル/カナダ  46%
ユーロ/ポンド 55%

ポンド/ドル  50%

豪ドル/円   52%
ニュージー/円 42%
です。

 

新たなオシレーターを取り入れる。自分の手法にアレンジしたさらなるフィルターを取り入れる。特に失敗するときは、勢いが微妙で抵抗ラインで跳ね返ってしまう。勢いをみるための指標を取り入れかです。例えば、ボリンジャーバンド等を取り入れるかです

 

③今取っているデータをさらに分析して、統計を出す。成功率を、上位足と下位足の組み合わせで統計する、発生時間で統計する、押し目の継続回数で統計する、くらいが考えられます。


おそらく、①と③でいく予定です。②は、じっくり過去検証して優位性がないと使えませんし、あまり、チャートを複雑にしたくないからです。

 

あと、9月何日?最終、プラスで終えて、今後に向けての自信をつけていきたいです。負け難く、勝ち易い!理想のトレーダー目指していきますー。