投資家KAJI の トレード戦略ブログ

KAJI(カジ):2020年よりほぼ専業{株式・FX・CFD・オプション}、その他{民泊事業・賃貸業・太陽光事業)を実施中。常に悪戦苦闘!このブログはトライ&エラーで、己を精進していくための記録用です。

余談編:100%破産する理由と回避する方法

ちょっと、相場動かない日中、コラム書いてみます。

昨日、車で都市部に向かっていると、幼稚園バスにものすごいクラクション鳴らしているベンツが、中をみると、中年男性。次に舌打ちしながら歩いている中高年が。。なんだかとても嫌〜な気分になりました。ストレス過多の時代だなーと感じます。


さて、行動心理学と投資の関連する本読んでましたら、人は、生きるために獲物をとる、そしてリスクがあればとっさに判断して回避する。このように判断がインプットされているとのことです。その時代から、すぐに文明が繁栄したので、現代では急激に脳が処理する判断が多くなりすぎてしまい、ほとんどの人がストレスを過剰に感じてしまうという内容です。

 

投資では、損失を出した時に、損失を確定せずに、回避する行動(すなわち、戻ってくるのを待つ)を選択してしまいます。(本能)

次に、獲物(お金)をえたら、逃さないと、すぐに確定してしまいます。(本能)

結果、本能通りにクリックしていくと、利益が少なく、損失が大きくなり、確実に破産してしまう結果になります。

 

バルサラの破産確率では、資金を2%ずつリスクにさらしてトレードすると、

勝率50%の場合、損益率が1以下だとほぼ破産してしまいます。本能通りにトレードすると、100%破産するので、勝てる人は、本能に逆らうトレードをしていくことが必須になるわけですね〜。

 

じゃあどうすればいいの?

1.まず1回のリスクを口座の2%以下に減らします。するとドローダウンがかなり未然に防げ、ここですでに、破産リスクが0に近づきます。10万円で投資している人は1トレード2000円以内です。十分です。%上げたら、いつか絶対に破産します。確率が語っています。絶対です。

 

2.次に勝率を5割以上を狙う→これは裁量を鍛えるしか方法がないのでは?と思います。どの通貨、どの期間でも確実に投資で5割以上勝てる手法はないと思っています。例えば、2018年のポンドドルでは勝率7割でも、2019年の豪ドルでは勝率5割とか、ザラにあります。(カーブフィッティングと呼ばれ、その時その時の相場に当てはまるパターンが異なります)

3.勝つ時の投資を、損失1に対して利益1.2くらいを目指す。

 

これで破産確率は0どころか、確実に資金は増えていきます。莫大な資産を築いた投資家でも大体勝率6割程度です。如何に地道に規律正しく投資していくことが、成功へ一番早いかがわかります。

さて、自分に言い聞かせて、8月は一度あった予定より深めた損切りを9月は予定通りに遂行していきますー。