投資家 KAJI のディトレード戦略ブログ

投資家KAJI(カジ):FX、CFD、株式、オプション、不動産賃貸業、太陽光発電等、様々しています。。確率と統計でこつこつと積み重ねていきたい!トレード大好き人間です。釣りと、ボート、海をこよなく愛す。このブログは日々の戦略を振り返り、自身を改善しながら、己を精進するための記録です。

余談編:脱サラして専業トレーダーになる時の注意点?

会社を辞めて、専業でトレードになる時の注意点?

私が経験して思ったことをいくつかご紹介いたします。

 

与信が全くなくなる。

一番の注意点が、、与信が全くなくなります。土地等の担保がなければ、どこの銀行もローンを貸してくれなくなります

ということは、欲しい家があっても、年収の10倍のローンを組んで35年返済にして、、という人生計画が不可能になります。

方法は2通りあるかと思います。

1.会社勤めのうちにローンを借りて住居を手に入れる。

2.専業トレードで一括購入できる額を稼ぐ

f:id:captain24:20210618134604p:plain

想像以上に税金がくる

市民税は、前年の1月~12月で計算されて支払います。会社を辞めて収入がストップしている時に、昨年度の収入分の市民税がきます。そして3月末に会社を辞めていたら、さらにその翌年にも1月~3月の市民税を支払うことになります。

専業トレーダーで個人事業主になるわけですから、国民健康保険を支払い、年金を支払いさらに、前年度の市民税を、、かなり辛かったです。

すでにコンスタンスに大きく勝てている人なら良いですが、多少のプラス・トントンぐらいの成績だと、、私はつらかったです。。

大阪府の平均で、国民健康保険は、40万円/年です。月々の家賃(ローン)+光熱費+食費+国民健康保険+年金+市民税+固定資産税、最低でもこれだけの支出があります。これをトレード一本で稼ぐには、相当プレッシャーが、、

その他の収入源が必要

トレードで100%生計を立てている人もいるでしょうけど、正直、、かなり精神的に厳しいです。負けられない状況は、余計負けてしまう精神状態を作ってしまうからです。

よって、別に世帯収入があるとか、他の収入源で最低限生活していける状態があった方が確実にトレードにもプラスになります。家の家賃(もしくは住宅ローン返済)くらいの副収入は心の余裕に繋がります。

 

あと自己管理・周囲(家族)の理解等色々とありますが、、私が感じる大きな上位3つでしたー。。

特に多少負けても良いくらいの気持ちでトレードできるのが、一番好成績になる、、、と感じます。。。

→本当一年目は何度も辞めようと思いました、、、、、(^^;