投資家KAJI の トレード戦略ブログ

KAJI(カジ):2020年よりほぼ専業{株式・FX・CFD・オプション}、その他{民泊事業・賃貸業・太陽光事業)を実施中。常に悪戦苦闘!このブログはトライ&エラーで、己を精進していくための記録用です。

余談編:投資は農耕スタイルではいけない?

さて、イギリスのバークレイズ銀行のディーリング部門の松崎美子さんの動画面白いです。如何にイギリス人が狩猟民族で、相場を作りにきているか。場中に「コール」と雄たけびがあがったら、数字関係なく買いまくる。要は相場は自分たちで作っていくんだという気質です。チャートを作りにくる。

逆に日本人はサラリーマン気質で、如何に無難にその日の相場を終えるかを考えていて、全く性質が異なる、、という内容でした。なので、ブレグジットで、イギリス人は抜け目なく進んでいく、、と。

農耕スタイルはだめ?

そこで、ちょっと自分自身の投資スタイルについて考えていました。私は長年の就労してきた気質から?か、投資スタイルは農耕型です。どういうことか、それは、チャンスが無さそうな時もずっと仕事(チャート見て細かな売買チャンスをみてる)しています。

そして、ここ数日余計なことをする。(ルール外の流れのわからない所で売買)

要するに、狩猟するときのように、獲物がくるまで、ずっと眺めておくくらいが投資には良いということです。

 

数日間何もしないのは、なんとなく、時間が勿体ないと思い、こつこつ何か仕掛けると失敗する。。→農耕スタイル

チャンスのないところは何もしない。チャンスのときは、思いっきり買う。→狩猟スタイル

 

チャンスないときは、いっそ、ゆーったりと、本読んでリラックスしている方が、結果的にパフォーマンスはよくなるーと、実感した数日間でした!!

さて、年始のモチ代を稼ぐために、じっと狩猟スタイルで待ち構えます。。。