投資家KAJI の トレード戦略ブログ

KAJI(カジ):FX、CFD、株式、たまにオプション、民泊事業、不動産賃貸業、太陽光発電事業等について発信。確率と統計でこつこつと積み重ねていきたい!このブログは日々の戦略を振り返り、トライ&エラーで、己を精進するための記録です。

余談編:取引時間について

さて、昨日は、ユーロ円のショート、ユーロドルのロング!?どちらの方向に行くか?注視してました。

ユーロ円が下がるということは、ドル円とユーロドルも下がるということで、ユーロドルのロングで狙うのと矛盾します。どちらが正解か??

最初、10時にユーロ円をショートしました。そのまま一気に抜けると嫌なので、半分の枚数です。そして、一旦戻ってきて、16時のロンドン時間に突入しました。

すると、ユーロドルがじわじわ上がってブレイクしたそうーな雰囲気です。

一方のユーロ円は下げ切らず、徐々に切りあがっていきます。

ここで、ユーロ円を損切-15pipsにして、ユーロドルロングに切り替えました。

ユーロドルは、指値で夜中に+33pipsほどで利確。

 

取引時間について

何を書きたいのかというと、その動きが本物かどうかは、かなりの確率でロンドン時間の16時~18時くらいに決定されます。

上記の例では、ユーロ円のショートが騙しで、ユーロドルのロングが正解でした。アジア時間ではわからず、17時くらいに方向はっきりしました。

アジア時間で取引するときは、枚数を極力抑えるか、よほどの確信があるとき以外は様子見が良いなーと、再実感する1日でした。

ただ、アジア時間もたまに、力強い動きが継続しているときには、大きく抜けていくことがあるのはありますが、、騙しの方が圧倒的に多いと感じます。

 

アジア時間の騙しとは:

ロンドン、ニューヨーク時間で上がった相場の逆行や調整が、アジア時間で行われている。全体に上に行きたいときでも、アジア時間では下の流れになったりします。それを信じてエントリーして何度失敗したか。。

これ、短期トレードしていた時、メタメタにされました。5分足で相場をみていると、目先の動きばかりに惑わされ、アジア時間のエントリーが、ロンドン時間に損切です。

トレードでも、如何に大きな日足以上のトレンドの流れが重要か、身に染みました。

(^^;(^^;